霊園選びが難航している方に!見極めるポイントについて詳しく解説

墓石と花

安心して利用できる霊園を選ぶには

長い付き合いになる霊園を選ぶときには、安心して大切なお骨を納めておくことができるお墓を見つけたいものです。もちろん命日やお彼岸・お盆にお参りしやすい立地にあることや、手の届きやすい料金で利用できるかどうは大切です。しかしそれ以外にも安心して利用するために大切なポイントがあります。その1つは、ちゃんと管理されているかどうかではないでしょうか。霊園に申し込みをする前には見学に訪れて、環境が整っているかをチェックするのがおすすめです。植え込みの植物が手入れされているかどうか、ごみが落ちていないかなどに注目するとよいでしょう。そのほかには管理事務所に人が常駐しているかどうかに加えて、お墓参りに使用する手桶やひしゃくなどの状態も見ておきたいところです。あまりに荒れていたり雰囲気が良くなかったりする場合には、たとえ交通アクセスが良く料金が安かったとしても避けた方が良いかもしれません。また最寄りの鉄道駅から遠い場合には、路線バスや送迎バスが運行していないと訪れるのが負担になるケースもあります。このような点に注意して、霊園を決めるときには専門業者に相談して安心して利用できるところに申し込みをしましょう。

継承者がいない場合の霊園の選び方

子どもがいないためお墓を継承する人がいない、という理由でお墓を購入することを躊躇っている人もいるかもしれません。そのようなときには永代供養付きの霊園を選ぶようにするのがおすすめです。子孫がお墓の管理をする代わりに施設が管理をしてくれ、任せておくことができるのが特徴で、未婚の人や子どものいない夫婦が多い少子化の現代ではこのような永代に渡って供養して貰えるサービスも多くあります。またお墓が遠くにあり、なかなかお参りに行けないということから現在のお墓を撤去する墓じまいを考えている人もいるでしょう。そのようなときには、改葬先として永代供養がついた霊園を選ぶのも1つの方法です。墓じまいをした後には、お骨を別の場所に移すことになります。海や山などへ散骨する人もいますが、お墓参りができないと淋しく感じられるのなら、永代供養付きの霊園を選んで改葬する方が良いかもしれません。もちろん墓じまいの後にお骨を手放さず、自宅に残して供養する手元供養するという選択肢もありますが、ずっと手元に置いておくのも気になるものではないでしょうか。このような場合には専門業者に相談して永代供養が可能なお墓を選ぶのがおすすめです。

改葬したいと考えているのなら霊園の専門業者に相談するのがおすすめ

先祖代々のお墓が田舎にあるけれど、すっかりお参りに行く機会が無くなったという人もいるでしょう。もしお墓の近くに管理する人がいないなら、現在の住まいの近所の霊園を選んで改葬するという方法もあります。地方にお墓を残しておいていずれ無縁墓になってしまうのが気がかりなら、墓じまいをすることによって、今のライフスタイルに合った方法で供養をすることができます。近年では永代供養サービスが付いた霊園も少なくありません。永代供養付きの墓所でも個々に納骨することが可能な個別墓を選ぶことができるほか、合祀墓を選ぶことができる場合もあります。他の多くの方と一緒に納骨される合祀墓は、個別に納骨するお墓に比べると各段に安く利用することができるのが特徴で、費用を抑えたい人に適しています。また寺院の墓地は檀家になる必要がありますが、特に宗旨・宗派に決まりがない霊園を選んで改葬すれば、これまで先祖代々の供養をしてきた宗派のお寺が近所にないというときでも気にならないでしょう。もし遠方にあるお墓を片付けて、家の近くにあるお墓に改葬したいと考えているのなら専門業者に相談するのがおすすめです。心に残る心配もなくなり安心できることでしょう。

専門業者に相談するなら景観が良くて美しい霊園を用意している【メモリアルパーク】がおすすめです。墓石は和型のもののほかにデザイン墓石なども選ぶことができるので、人とは少し違ったお墓で眠りたいという方にもおすすめです。

スタンダードな墓石

MENU LIST

費用を抑えて改葬したいときの霊園の選び方とは

遠方のお墓が無縁墓になるのではと気がかりだという人もいるでしょう。そのような時には墓じまいをして近くの霊園に改葬するのがおすすめです。しかしお墓を解体・撤去するには、石材店に依頼して作業してもらわないといけず費用がかかります。さらにお墓からお骨を取り出すときの閉眼供養には僧侶へのお布施を渡し、そのお墓が寺院のものならお寺へのお礼として離壇料も渡す必要があります。さまざまな費用がかかるため、で…

終活であげられる霊園に関する悩み

お墓参りをすると心がすっきりするものです。お彼岸やお盆以外にも、心を静かにしたり、何かの区切りのときなどにお墓を訪れたりします。このように先祖供養は、人が原点に戻れる場所でもあるのです。しかし高齢化社会となった現代では、この霊園に関する悩みが増えてきています。長い間お参りしていたお墓も、免許の返納や体調の変化にともなってだんだんと足が遠のいてしまっているのが実情です。このように、最近霊園では…

押さえておきたい霊園墓地の選び方!

霊園墓地の専門業者に相談することももちろん必要です。しかし、相談する前に自分である程度のポイントを押さえておくことも重要です。押さえておくべき点はいくつかあります。まず1つ目は霊園墓地の価格です。墓地にかかる費用はおよそ3つあります。墓石費用、永代使用料、管理費です。予算なども考慮しながらどのくらいの費用をかけるのか考えることが必要です。2つ目は交通アクセスです。自分の家から遠いともちろんし…

霊園の選びで後悔しないためのポイントとは

霊園を選ぶ時には価格や宗派など、見るべきポイントが色々あります。もちろん金額的に安い方がいいですし、管理が行き届いているといったことも考えるはずです、それ以外にも、意外に気がつかない意識するべきポイントというものがあります。まずは、毎年の管理料を確認しましょう。霊園を選ぶ時には永代使用料や墓石代など、大きな額がかかります。しかし。忘れていけないのはその後にかかる費用です。例えば墓石などは、最…

TOP